私的文化財

sohken.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

富士の山ビエンナーレ

私は「富士の山ビエンナーレ」という芸術祭に関わっています。

「富士の山ビエンナーレ」とは現代アートを通じて地域を活性化しようという試みです。
今年2018年は第3回目の開催の準備をしています。

建築士として携わっている私の主な役割は舞台となる建造物や空間の大道具係です。
空き家や空きビルをどこまでいじれるのか、歴史的建造物に傷をつけず効果的に作品を展示するのにはどうしたらいいのか、作家とコミュニケーションを取りながら考えていきます。

また、市民主導のイベントなので資金が少なくどうやったら経済的に作品を創り展示ができるのかを工夫するのも重要な仕事です。舞台となる空き家や空きビルの所有者との交渉も行います。

このような市民指導の芸術祭の支えは地域を愛する気持ち、芸術を愛する気持ちです。

しかしながら、当初から可能性を考えていた空き家、空きビルの利用による活性化についてはまだ答えをみつけることが出来ていません。

e0171785_10090190.jpg
芸術祭を運営して良かったと感じたことは地域の魅力の再確認ができたこと。


「富士の山ビエンナーレ2018」に少しでも興味をもっていただけたら嬉しく思います。




[PR]
by yamazakisohken | 2018-05-29 10:29 | 芸術