私的文化財

sohken.exblog.jp
ブログトップ

『古谿荘に親しむ会』東京視察研修1

『古谿荘に親しむ会』の東京視察研修に参加してきました。
古谿荘(こけいそう)とは、2005年に国の重要文化財に指定された近代和風建築です。
富士市岩淵の高台に位置し、富士山と駿河湾を望む抜群の景勝地に建てられた大規模な建築です。
建てたのは明治時代宮内大臣を務めた田中光顕、竣工は明治43年、現在は財団法人野間文化財団が所有しており一般には公開されていません。
e0171785_10342152.jpg

これは2008年に公開された時の写真。
私はまだ建物中に入ったことがありません。

・・・で今回は古谿荘の建築や庭園と関係の深い場所へ行き研修をしてきました。

先ずは新宿御苑。
e0171785_10373877.jpg

新宿御苑の歴史は古く江戸時代にまでさかのぼりますが、明治時代に宮内省の管轄だった時の設計者が古谿荘の造園設計に携わったのではないかということです。
e0171785_10435023.jpg

現在は環境省が管理しており、当日は担当官の案内で見学をしました。
会員には造園業に携わる人が多くとても良い勉強になりました。
e0171785_10462958.jpg

e0171785_10471492.jpg

e0171785_10481716.jpg

e0171785_10504260.jpg

e0171785_10531973.jpg

e0171785_10544757.jpg

e0171785_10563615.jpg

[PR]
by yamazakisohken | 2011-11-03 10:37 | 建築