人気ブログランキング |

私的文化財

sohken.exblog.jp
ブログトップ

富士の山ビエンナーレ【成果発表展】

◼️『成果発表展』@イケダビル
2月14日(金)〜16日(日) 10時〜17時

2019年9月から2020年2月にかけて、富士の山ビエンナーレレジデンス事業に選出された吉野翔太郎・Kawo・西原尚3名のアーティストがイケダビルに滞在し、この地のリサーチを行い作品を制作しました。この3日間は作品の展示と発表を行います。

富士の山ビエンナーレ【成果発表展】_e0171785_13432108.jpg
富士の山ビエンナーレ【成果発表展】_e0171785_13465621.jpg
富士の山ビエンナーレ【成果発表展】_e0171785_13432762.jpg
2月15日は、13時より西原尚とワークショップ参加者による創作発表があります。
富士の山ビエンナーレ【成果発表展】_e0171785_13432496.jpg
◼️『富士の山現代アートをかたらう会 FGAK』
2月15日(土) 15時〜17時
講演内容「アートと地域の可能性」

第1回目の富士の山ビエンナーレ2014ディレクターで現在中之条ビエンナーレ総合ディレクターの山重徹夫氏に、講演いただきます。
この機会にみなさんでこれからの地方芸術祭のあり方を考えていきましょう。
富士の山ビエンナーレ【成果発表展】_e0171785_13431557.jpg
富士の山ビエンナーレ【成果発表展】_e0171785_13431887.jpg


# by yamazakisohken | 2020-02-14 13:49 | 地域文化財

富士・旧加藤酒店

県東部の行政職員でつくる「横議横行の会」が18日、富士市内で勉強会を開きました。
約20人が富士本町商店街で最古とみられる建築物で国登録有形文化財の「旧加藤酒店」を訪れました。

富士・旧加藤酒店_e0171785_09401572.jpg

旧加藤酒店に詳しい弊社所長が講師を務め、明治期以降、製紙業の発展とともにできたまちの歴史や建物を解説。各種法令上の規制の中、活用が進まない実情を説明し、火気に配慮した活用策の意見を求めました。

富士・旧加藤酒店_e0171785_09234693.jpg
加藤酒店は大正時代に創業し、1997年に廃業しました。1931年(昭和6年)に建設された現在の木造2階建ての建物は1階店舗部分には量り売りの設備が残り、2階にはしっくいで装飾された洋室などがあります。

富士・旧加藤酒店_e0171785_09310563.png
富士・旧加藤酒店_e0171785_09312077.png
富士・旧加藤酒店_e0171785_09401265.jpg
内部を見学した職員は、1階の風情を生かしたバーの開店や、欄間など造りの凝った2階和室では多様な人が集う会合の開催などを提案していました。
富士・旧加藤酒店_e0171785_09485148.jpg
一部画像・文提供:静岡新聞
新聞記事はこちら(https://www.at-s.com/news/article/local/east/728381.html?fbclid=IwAR3_2hGJaYA0)








# by yamazakisohken | 2020-01-23 09:49 | 地域文化財

Fujinoyama ART HUB 2019 参加アーティストのご紹介3

Fujinoyama ART HUB 2019 参加アーティストのご紹介3_e0171785_09093297.jpg
西原 尚

1976年生まれ
1988年東京外語大学中途退学
2009年東京芸術大学音楽環境創造科卒業
2011年東京芸術大学先端芸術表現専攻終了


大学では音楽音響技術を、大学院ではメディアアートを専攻した西原は、音を主軸にした制作とパフォーマンスを行うアーティストです。音を鳴らすために必要となる「体」や「物」の関心から、美術や音楽を横断した活動を展開しています。国内外の展覧会やパフォーマンスイベントへも多数参加。FAHでは、音を通して「富士」を考える取り組みを行う予定です。



「音を通して富士を考える」
皆さんが暮らしている富士について、様々な角度から味わいなおしてみたいと思います。参加者とともに、町の音、騒音、特徴のある音、誰も気にしない音・・・こうした音について話したり録音したりしていく過程を経て、参加者と協働で作品を作り上げていく予定です。短期間のクラブや同好会のような集まりになればと思います。

Fujinoyama ART HUB 2019 参加アーティストのご紹介3_e0171785_09093770.jpg

アーティスト滞在予定

11月末~1月


# by yamazakisohken | 2019-10-17 09:18 | 地域文化財

Fujinoyama ART HUB 2019 参加アーティストのご紹介2

Fujinoyama ART HUB 2019 参加アーティストのご紹介2_e0171785_09323289.jpg
Kawo a.k.a Sushijojo

アーティスト滞在予定
9/24~10/24

フリーランスデザイナーとして活動する傍ら、世界各国でアニメーションによる映像作品の発表を行っています。また、単なるアニメーションにとどまらず、空間全体を使ったインスタレーション作品の発表も行っています。

kawoによって生み出されるアニメーションには、カラフルかつポップに描かれた人や動物たちが登場します。しかし描かれている人やものはどこか無表情で、とらえどころがないように見えます。
現代社会は様々な娯楽や誘惑が存在します。私たちの感情を揺さぶることは、経済活動において重要なことだといわれています。人々の無意識や自然な姿を淡々と描く作者のアニメーションは、娯楽や誘惑を通じて人々の感情を消費させようとする現代社会への、作者の無言の抵抗に見えます。

2015年に自主制作したショートアニメ「ソウル・ウォーカー」が権威あるアニメーションフェスティバル「ottawa International Animation Festival 2016」に選出されたことをきっかけに、世界中で活動を開始しました。アートストリーム(日本)、Macau city fringe Festival(マカオ)、Taipei Fringe Festival(台北)など世界中で活躍の幅を広げています。
ここ静岡では川根本町アートフェスティバル(日本)へも参加しました。

Fujinoyama ART HUB 2019 参加アーティストのご紹介2_e0171785_09323795.jpg




# by yamazakisohken | 2019-10-11 09:43 | 地域文化財

Fujinoyama ART HUB 2019 参加アーティストのご紹介1

Fujinoyama ART HUB 2019 参加アーティストのご紹介1_e0171785_12562343.jpg
吉野祥太郎

東京造形大学美術研究領域修士課程終了
S.Y.P Art Space,Artist Run Gallery&Lab代表
studio es Art Class代表


吉野は「土地の記憶」を表現します。2005年から各地で行っている制作活動(タイトル:その土地の土を汲む)では、地域への入念なリサーチをもとに「地面を持ち上げる」作品を制作しました。彼にとって地面とは、ただの靴の裏にある土の塊ではありません。これまでの長い人の記憶や歴史、行為の結果が堆積したものの象徴として存在しています。彼は作品の中で、人々足元にいつもあり普段意識することのなかった記憶や歴史の堆積物を、優しく持ち上げて観客へ提示します。

Fujinoyama ART HUB 2019 参加アーティストのご紹介1_e0171785_12555476.jpg
アーティスト滞在予定
   
9/22~10/23


 

# by yamazakisohken | 2019-10-10 13:11 | 地域文化財

Fujinoyama ART HUB 2019

Fujinoyama ART HUBは、富士本町商店街にあるイケダビルを使用して行われる、マイクロレジデンスプログラムです。
今年は国内外から3名のアーティストが滞在し、2019年9月から12月ぼ間に、それぞれ約30日間、富士本町商店街を中心に各地でリサーチを行い、地域の人々の協力を仰ぎながら、この町の歴史を紐解き創作活動を行います。本プログラムでは地域との交流、地域の歴史や文化に反応し、広く他分野と繋がっていくような表現行為を重視しています。
アーティストたちが地域の皆様への聞き取りや、フィールドリサーチを行いますので、その際にはぜひご協力をお願いいたします。期間中には参加型ワークショップなでも開催します。
最新情報はチラシやウェブサイトhttp://fujinoyama-biennale.com/をご覧下さい。活動報告展は2020年2月ごろ行う予定です。
Fujinoyama ART HUB 2019_e0171785_13181501.jpg


# by yamazakisohken | 2019-10-07 11:11 | 芸術

富士の山ビエンナーレ散策




いつもの富士に違う時間軸が流れているような、
異空間に迷い込んでしまったような、そんな不思議な気持ちになりました。
いつもの富士を違う角度から見られた、そんな貴重な一日。
富士の山ビエンナーレ散策_e0171785_10004018.jpg
富士の山ビエンナーレ散策_e0171785_10005215.jpg
富士の山ビエンナーレ散策_e0171785_10012105.jpg


# by yamazakisohken | 2018-11-29 10:06 | 地域文化財

富士の山ビエンナーレ2018

富士の山ビエンナーレ2018、今年のテーマは「スルガノミライ」ーーーー
富士山と駿河湾から自然の恵みを受けてきたこの地は、これからどうなっていくのでしょうか。
3回目を迎える今年は、10月27日から11月25日(10:00~16:30)まで。
富士本町・富士川・蒲原・由比の4つのエリアで開催します。

富士の山ビエンナーレ2018_e0171785_09450985.png
詳しくは実行委員会まで


# by yamazakisohken | 2018-10-24 09:46 | 地域文化財

ラジオ出演

今秋開催の、2018年富士の山ビエンナーレの件で10月23日(火)のAM10:07~10:28にラジオF(84.4FM)に私も出演いたします。
ご都合が合うようでしたら是非ご視聴下さい。
ラジオ出演_e0171785_10002887.jpg

# by yamazakisohken | 2018-10-19 10:01 | 地域文化財

富士の山ビエンナーレ10月27日開幕

2018年度静岡県文化プログラムに採択された芸術祭「富士の山ビエンナーレ」の実行委員会のメンバーとして7月2日、富士市役所を訪れ、小長井義正市長に今秋実施する事業の概要を報告してきました。

富士の山ビエンナーレ10月27日開幕_e0171785_11211527.png
富士の山ビエンナーレは富士、静岡、富士宮の3市を舞台に開催する芸術祭。2018年は10月27日に開幕し、11月25日まで多彩な文化イベントを展開します。
全国から約20人の芸術家が集い、滞在しながら創作活動を繰り広げる予定です。富士川、鷹岡、蒲原の3つのエリアでは、それぞれ「地形と文化」「産業と歴史建造物」「宿場と文化」をテーマに「まち歩きツアー」も計画しています。

また、地域プロジェクトとして、富士市と旧富士川町の合併10周年記念事業や、参加アーティストと企業の橋渡しをして商品開発につなげる「ものづくりプロジェクト」の準備もすすめています。

是非お立ち寄り下さい。

# by yamazakisohken | 2018-07-11 11:29 | 芸術

富士の山ビエンナーレ

私は「富士の山ビエンナーレ」という芸術祭に関わっています。

「富士の山ビエンナーレ」とは現代アートを通じて地域を活性化しようという試みです。
今年2018年は第3回目の開催の準備をしています。

建築士として携わっている私の主な役割は舞台となる建造物や空間の大道具係です。
空き家や空きビルをどこまでいじれるのか、歴史的建造物に傷をつけず効果的に作品を展示するのにはどうしたらいいのか、作家とコミュニケーションを取りながら考えていきます。

また、市民主導のイベントなので資金が少なくどうやったら経済的に作品を創り展示ができるのかを工夫するのも重要な仕事です。舞台となる空き家や空きビルの所有者との交渉も行います。

このような市民指導の芸術祭の支えは地域を愛する気持ち、芸術を愛する気持ちです。

しかしながら、当初から可能性を考えていた空き家、空きビルの利用による活性化についてはまだ答えをみつけることが出来ていません。

富士の山ビエンナーレ_e0171785_10090190.jpg
芸術祭を運営して良かったと感じたことは地域の魅力の再確認ができたこと。


「富士の山ビエンナーレ2018」に少しでも興味をもっていただけたら嬉しく思います。




# by yamazakisohken | 2018-05-29 10:29 | 芸術

熊本地震調査 最終日

3日目の8月27日は上益城郡益城町、阿蘇郡西原村の被災建築物の状況調査を行ないました。


熊本城全景 熊本市役所14階展望ロビーより

熊本地震調査 最終日_e0171785_10205360.png




熊本城 飯田丸五階櫓

熊本地震調査 最終日_e0171785_10240998.png
大林組による修復工事



熊本城 東十八間櫓

熊本地震調査 最終日_e0171785_10255913.png
写真中央が崩れた東十八間


熊本大神宮
熊本地震調査 最終日_e0171785_10272333.png
崩れた熊本城東十八櫓と熊本大神宮


熊本城 東十八

熊本地震調査 最終日_e0171785_10284705.png
熊本地震調査 最終日_e0171785_10291216.png
崩れた熊本城東十八


熊本城

熊本地震調査 最終日_e0171785_10213846.png
奥が大天守、手前が小天守


熊本城 石垣

熊本地震調査 最終日_e0171785_10354693.png
熊本地震調査 最終日_e0171785_10360964.png
崩落した石垣の仮置き場


熊本城 戌亥櫓

熊本地震調査 最終日_e0171785_10375509.png
熊本地震調査 最終日_e0171785_10381730.png
角石で支えられている戌亥櫓

今回の調査で感じた事がいくつかあります。
発災から4カ月も経てばかなり片付いているだろうと予想していましたが、現実にはまだほとんど手つかずの状況だったという驚き。倒壊している建物に隣接して健全なたてものが存在する不思議さ。解体撤去された建物が有ったであろう空地の空虚さ。倒壊した建物が放置されている状況への悲しみ等々。

今後私たちがするべき取り組みは事前復興という考え方を広めていく事だと思います。何が起こるのか何が必要になるのかを事前に考え、被災を最小限に抑え、被災後は速やかに復興に移れるように準備しておく事。災害はいつ起こっても不思議ではありません。














# by yamazakisohken | 2018-04-17 09:25 | 地域文化財

熊本地震調査2日目ー②

益城町木山地区

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_09343729.png
宅地内に見られた地盤の亀裂


益城町木山地区 益城町文化会館

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10185691.png
ブルーシートで覆われた間知ブロックと傾いた階段



益城町木山地区 益城町文化会館

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10215236.png
傾いた建物
エキスパンションジョイントが開ききっています



益城町木山地区

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10235105.png
1階部分が倒壊して道路側に傾いた建物



益城町木山地区 県道28号線橋梁
熊本地震調査2日目ー②_e0171785_09142714.png
橋桁と道路がずれているように見えます



益城町木山地区 県道28号線橋梁

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10265314.png
河川擁壁が崩れ土嚢で保護しています


益城町木山地区 木造2階建住宅

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10290670.png
1階が倒壊している古い木造住宅
1階の車庫部分が弱かったのかもしれません


益城町木山地区 木造2階建住宅

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10303081.png
周囲の建物が倒壊している中健全な新しい住宅


益城町木山地区 3階建建物

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10340437.png
1階が倒壊した3階建ての建物
右側の建物を押し倒しています

西原村下布田

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10362949.png
解体が済んだ敷地の向こうにはブルーシートをかけた建物が目立ちます


西原村下布田

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10373941.png
屋根瓦が落ちた木造住宅


西原村下布田

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10383278.png
中央部分が沈み込んだ木造住宅


木造平屋住宅
熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10393606.png
大きめの筋違いは入っていますが、方向が偏っていたり、
ダブルの筋違いを欠きこんでいたりと工法がでたらめ



熊本市東区アーケード

         
            
熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10424521.png
熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10425669.png
倒壊した建物に押し潰されたアーケード



熊本市北区 RC9階建てマンション 店舗併用住宅

            
熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10463834.png
熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10465425.png
ピロティ部分の柱が座屈しています


宇土市庁舎

熊本地震調査2日目ー②_e0171785_10520521.png
解体が始まっていました




















# by yamazakisohken | 2018-04-13 09:19 | 地域文化財

熊本地震調査 2日目-①

2日目の8月26日は熊本市、益城町、西原村、宇土市での被災建築物調査を行ないました。


熊本市中央区 熊本駅前のビル
熊本地震調査 2日目-①_e0171785_15375034.png
外壁のタイルが剥がれ補修工事中



益城町庁舎 北側渡り廊下

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_15395106.png
庁舎内の地盤沈下による高低差により破壊されています


益城町庁舎西側擁壁


熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16322389.png
地盤沈下により波打っています


益城町役場西側付近木造2階建て住宅

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16344186.png
1階部分が倒壊した住宅


益城町役場西側付近木造住宅
熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16363267.png
付属建物は赤紙、住宅部分は黄色となっていますがわかりにくいです



益城町役場西側付近

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16405625.png熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16412886.png
建物は健全に見えますが電柱の傾斜により危険と判断








益城町役場西側付近 倒壊した木造住宅

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16444718.png熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16452926.png
土台と柱を繋ぐ金物が見られません








益城町役場西側付近 住宅擁壁

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16472272.png
破壊された擁壁と隆起した道路側溝



益城町役場西側付近 木造住宅

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16485197.png
破断して壁から飛び出した筋違い



益城町役場西側付近 住宅擁壁

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16501128.png
破壊された擁壁


益城町役場西側付近 道路

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16511042.png
擁壁が崩れ通行不能になっている道路
正面の建物は杭基礎工事がしっかりされているのか被災程度は少なめ


益城町役場西側付近 道路

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16532388.png
ブロック塀が倒れて通行不能になっている道路


益城町木山地区 鉄骨4階建て 店舗併用住宅


熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16550906.png
ダイヤフラムの溶接部分が破断しています


益城町木山地区 木造納屋

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16564842.png
道路をふさぐように倒れた木造の納屋


益城町木山地区

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_16575340.png
解体が進み更地になっている場所


益城町木山地区

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_17033092.png
両側の建物が倒壊した通り
右側は解体が進み更地になっています


益城町木山地区

熊本地震調査 2日目-①_e0171785_17050446.png
所々に見られた仮設水道


益城町木山地区


熊本地震調査 2日目-①_e0171785_17060992.png
付近の建物が倒壊している中、外壁にひびが入っていますが健全に見える建物


益城町木山地区


熊本地震調査 2日目-①_e0171785_17081579.png
健全な建物が並ぶ一区画
分譲地だと思われますが地業がしっかりされていたのでしょうか















# by yamazakisohken | 2018-04-02 17:09 | 地域文化財

熊本地震調査 1日目

初日の8月25日は熊本市古町の歴史的建造物の被災状況解体状況の調査、熊本建築士会での被災から現在までの経過や復旧復興の現状聞き取り、熊本市中心市街地の被災建築物の調査を行いました。



熊本市中央区 被災した店舗
熊本地震調査 1日目_e0171785_13594003.png
前面に1階2階とも耐震壁がありません



熊本市中央区 古い店舗
熊本地震調査 1日目_e0171785_14003906.png
以前より土塗壁が傷んでいたと思われます




熊本市中央区 モルタルタイル張り壁の被害

熊本地震調査 1日目_e0171785_14045063.png熊本地震調査 1日目_e0171785_14052687.png
 漏水が原因で下地が傷んでいたと思われます。
 鉄骨下地にサビが見られます。







熊本市中央区 登録文化財PSオランジェリ

熊本地震調査 1日目_e0171785_14384973.png熊本地震調査 1日目_e0171785_14390416.png












大正8年に建てられた旧第一銀行熊本支店
熊本地震調査 1日目_e0171785_13440706.png
漆喰塗天井の剥落

外部は保護コーティングを施してあるとのことで被害は見られませんが
内部のレンガ造の躯体に被害が見られます。



熊本地震調査 1日目_e0171785_14210765.png
天井を支える鉄骨造の補強部分と既存躯体との接点の破損




熊本市中央区 森本襖表具材料店

熊本地震調査 1日目_e0171785_13502877.png
明治19年に建てられた木造の町屋
明治時代に1度被災し、今回は2度目の被災となります。
店舗内の大梁が抜け仮補強されています。



熊本市中央区 景観重要建造物 西村邸

熊本地震調査 1日目_e0171785_14534837.png熊本地震調査 1日目_e0171785_14541555.png









レンガ造の防火壁は無傷だが防火壁内側の外壁は落ちて内部から外の光が見えます。




熊本市中央区 旧中村小児科医院跡

熊本地震調査 1日目_e0171785_14332422.png
大正3年に建てられた木造2階建ての洋風建築。
文化財の登録等の履歴がない為、修復の資金がないとのこと。




熊本市中央区 上乃浦通りのシンボル的な建物
熊本地震調査 1日目_e0171785_14351275.png




# by yamazakisohken | 2018-04-02 14:58 | 地域文化財

熊本地震調査

平成28年8月25日から27日までの3日間、静岡県建築士会では熊本地震から4ヵ月たった8月に熊本地震の調査を行ないました。

私は東部ブロックの代表として参加させて頂きました。
熊本地震調査_e0171785_11385493.png

今回の調査の目的は被災後の実態や復旧復興の状況を肌で感じ、建築士として出来る事を考え将来の災害対策に生かす事です。

熊本地震調査_e0171785_11433768.png

3日間にわけてお送りします。











# by yamazakisohken | 2018-03-29 11:40 | 地域文化財

安藤家住宅見学

(社)富士建築士会青年委員会の研修で山梨県南アルプス市の安藤家住宅の見学に行ってきました。
重要文化財に指定されている貴重な建物です。
安藤家住宅見学_e0171785_13293389.jpg

主屋は1708(宝永5年)に建てられ、茅葺の入母屋の大屋根が特徴的です。
長屋門はやはり茅葺で1782(文明2年)に建てられたものだそうです。
安藤家住宅見学_e0171785_13305047.jpg

欅の一枚板で造られた建具が一層重厚さを出しています。
内部には改造の跡が何カ所もみられ、当時の生活の様子が想像できとても楽しい時間を過ごせました。
安藤家住宅見学_e0171785_13342465.jpg

庭はとても広くいつまでも眺めていたい素敵な空間でした。
安藤家住宅見学_e0171785_13394469.jpg

# by yamazakisohken | 2012-04-21 20:00 | 建築

2012_02_25京都

2月25日京都で歴史的建造物マネージャー・シンポジウムが開催されました。
全国から、文化財建造物の調査・保存・活用を実践している団体が集まり活動の報告をしました。
2012_02_25京都_e0171785_2161039.jpg

兵庫・京都・神奈川・静岡・富山・三重・徳島の7地域から活動団体が参加しました。
私は(社)静岡県建築士会景観整備機構の委員として出席。
2012_02_25京都_e0171785_2173168.jpg

京都に行ったのは15年ぶりくらい。
とても楽しい時間を過ごしました。
2012_02_25京都_e0171785_219136.jpg

# by yamazakisohken | 2012-03-01 21:10 | 地域文化財

2012.01.01 あけましておめでとうございます。

2012年も明けました。
昨年は何かと慌ただしくブログ更新もなかなか出来ない状態でした。
今年は出来るだけ頑張って更新したいと思っています。
本年も宜しくお願いいたします。

元旦、夜明けの富士山です。

2012.01.01 あけましておめでとうございます。_e0171785_10151866.jpg

# by yamazakisohken | 2012-01-01 20:00 | 富士山

2011.12.12富士山

今日の夜明けの富士山です。
2011.12.12富士山_e0171785_2283615.jpg

一日中富士の美しい日でした。
# by yamazakisohken | 2011-12-12 22:10 | 富士山